topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくろう書籍各種販売中なので - 2015.06.17 Wed

うちのお店は輸入メインのため、色々と手続きがあったりなんだりで、
今年のふくろうのヒナがまだ到着していません
いきものなので、繁殖状況によっても毎年到着時期がずれたりしますので、
こればっかりはどうにもなりません
ヒナが到着して『うっぐら幼稚園』が開園するとお世話で忙しくなってしまうので、
その前に今はちょっとフクロウ関連商品を仕入れたりしています

今日は、書籍が何種類か入荷しました
当店でも人気で完売欠品中だった「ザ・フクロウ」をはじめ、
新しく「フクロウ式生活のとびら」「世界のフクロウがわかる本」が入荷しました
これで当店の取扱フクロウ関連書籍は現在4種になりました。

入荷書籍

今日はこの中から新入荷の「フクロウ式生活のとびら」をチラッとご紹介。
こちらの本は、実際にフクロウをお迎えされた方のエピソードやアンケート結果などを
まとめた感じの内容になっていて、これからフクロウをお迎えしたいと考えている方には、
フクロウとの生活がざっくりとではありますが身近に感じられるのではないでしょうか。

フクロウ式生活のとびら目次

ただ、やはりこれは「フクロウの飼育方法」というものが、
犬や猫等のようにある程度確立されたものが無いということの
現われなのかもしれませんが、一部内容には『!?』と思えるものもありました。
繁殖施設勤務時代から猛禽類全般の飼育や訓練の経験を積んできて、
「鷹匠」と呼ばれる方からも色々と教えていただいて、
自分でもふくろうをずっと家族として育ててきた中で、
「これは良かったな」「これは駄目だったな」と今まで試行錯誤してきましたし、
現在も常にどうしたらふくろうが健康で幸せに暮らせるか考え続けていますが、
世の中には残念ながら、明らかにふくろうの生態を無視した飼育方法も
存在しているんだなと改めて実感しました。
すべての飼い主さんがそうでは無いと思いますし、
私の感じたこともあくまで私個人の感想なので押し付けることはしませんが、
これからフクロウをお迎えしたいとお考えの方は、
ぜひフクロウは長い年月を経て人と暮らすペットとして改良された種ではなく、
野生の血を残した生き物だということを踏まえて、
できればフクロウの生態もきちんと学んだ上でお迎えいただければと思います。

フクロウ式生活のとびら中身

当店でも飼育に関するご相談など受け付けておりますので、
お気軽に遊びにいらしてください
ふくろう専門店 Owl shop uggla

他の本についてはまた後日・・・。


にほんブログ村 鳥ブログ フクロウへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

世界のフクロウがわかる本 あります «  | BLOG TOP |  » いよいよアートムーチョ!

プロフィール

Owl shop uggla

Author:Owl shop uggla
鳥フェチです。鳥の匂いはかかずにはいられません!ふくろう好きすぎてお店始めてみました。よろしくお願いします。
ふくろう専門店 Owl shop uggla
http://www.uggla.biz もご覧下さい。

Owl shop ugglaはこちら

カテゴリ

ふくろう (20)
新商品 (9)
オリジナル新商品 (1)
お店 (9)
イベント (10)
日常 (2)

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ご来店ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。